「TOKYOストーリー凸凹」

TokyoStory凸凹
TOKYO STORY 凸凹 アップブックスより11月23日(月・祝)発売

戦争を知らない子供たちはビートルズで育ち

高度成長を走り抜けた団塊世代。

そんな彼らがシニアとなって感じる今を

共感をこめて綴ったどの頁からも気分次第で

読み切れるイラストも楽しいエッセイ集

「TOKYO STORY 凸凹」アップブックス


ご注文、ご予約の際は下記ISBNコードを店員さんにお伝えください。

———————————————–
ISBNコード 978-4-910418-00-1
———————————————–

  

以下、本の一部をご紹介します。

本書36-37ページより抜粋

見知った人を見かけた病院のロビー、声はかけなかった。
奥さんに腕を引かれて元気だったあの人が
「俺もああなるのかなー」と頭をかすめる
変えられないものが順番に確実にやってくる。
見渡すと手を引かれた自分が歩いて来て
「すいません」と小さい声で会釈した。黙って見送り我に帰ると
隣で妻が本を読んでいる、何事も無かった様に
遠いと思っていたものが実は近いと知る時だった。
帰り道「幸せかい」と聞きたかったが他愛もない話しか出来なかった
いつも言い出せない昭和の男「もう時間がないよ」と高層ビルが言っている
「分かっているよ」と苛立つ心も昭和の男、令和の街角は似合わないが
知ろうとする心より信じ合う心と気づかされ
「聞くよりもね!」と小声で返し妻の後を追って行く。

36-37ページ

本書20-21ページより抜粋

ボイジャー一号は飛んでいる、確実に。
最も遠い星間空間を四十年以上かけて今も・・・
「遠くに来たなー」「歳を取ったなー」と呟いても誰もいない空間で
「寂しさをどうして断ち切るの」と聞きたくて夜空を仰いだ。
ビルの明かりで星が見えない都会の夜空に
月だけが大きく見えて気が変わり
「どうしてそんなに明るく楽しいの」と聞いてみた。
答えはしないが分かった気にさせる「お月様ってすごいね!」
酔っぱらいの傍らでコオロギが答えた、都会の小さな公園。
「君は公園の果てを目指して旅をしたかい?」ボイジャーのように
俺も冒険はしたかったけど、
たぎる心を置き去りにして無難にここまで来た。
今からだってあの明るい月にも行ってみたい「行けるかなー」
「歳を積み重ねポッカリ空いた心に」
コオロギは答えず季節を追って鳴いていた。

新しい都会のシニアに贈る宝石のような一冊TOKYO STORY 凸凹 11月23日(月・祝)発売

ご注文、ご予約の際は下記ISBNコードを店員さんにお伝えください。

———————————————–
ISBNコード 978-4-910418-00-1
———————————————–

UP BOOKS について

something to tell you?

UP BOOKSについて

この度は数ある出版社の中から弊社ホームページをご訪問下さりありがとうございます。

UP BOOKSは2020年6月に株式会社デザインスタジオ・アップの出版部として誕生しました。

弊社は1977年に創業して以来、これまで本の装丁をはじめとする様々なデザイン制作に携わってまいりました。UP BOOKSではその経験を活かして、デザイン性とコスパの高い本づくりをしてまいります。

出版を目指される著者様へ、

貴方の伝えたい想いや残したい言葉を形にするお手伝いをさせていただきます。

まずはこちらからお気軽にご相談ください。

そして本が完成した暁には、なるべく多くの方にその本を届けられるように尽力いたしますので、ともに頑張りましょう。

アップブックスでは、2021年刊行予定の「みんなのTOKYO STORY」に掲載する400文字エッセイを公募しております。優秀な作品は2021年に刊行する「みんなのTOKYO STORY」に掲載する予定です。

気軽に著者デビューができる「みんなのTOKYO STORY」の出版を企画しております。1タイトル400文字程度の短い文章で参加が可能ですので、ぜひご検討ください。

公募の詳細については以下のフォームより応募要項をご請求ください。

    性別

    会社概要

    出版者名UP BOOKS
    出版社記号910418
    運営会社名株式会社デザインスタジオ・アップ 出版部
    取引銀行三菱UFJ銀行
    所在地〒105-002 東京都港区海岸1-1-1-1519
    会社HPhttps://ds-up.co.jp/
    代表取締役藤村 拓也
    電話番号03-6403-5365
    FAX番号03-6322-4871