著者様へ

出版の流れ

これから出版を目指そうという著者様へ、簡単に原稿をお預かりした後の流れを図にまとめました。矢印は時系列を表しており、左から右へ作業が流れていきます。

もちろんこれらは出版社や印刷会社が行う作業ですが、各工程で著者様に確認いただく場合もございます。また場合によっては著者様に修正を依頼することもあり得ます。

それぞれの内容については下記表をご覧ください。

大項目中項目小項目内容
企画編集リライト誤字脱字、仮名遣い、語句の統一性等
はじめからおわりまで通しチェックします。
著作物のチェックもここで行います。
企画デザインワークイラスト画像やイラストも含め
DTPソフトで本文のレイアウトを決めます。
企画デザインワーク撮影必要に応じて写真撮影を行います。
企画装丁表紙デザイン表紙・見返し・カバー・帯の
デザインや紙質を決めます。
印刷フィニッシュワーク印刷会社にデータを引き渡すための作業です。
印刷入稿校正印刷会社にデータを入稿し、校正のやり取りをします。
完了することを校了といい、校了後印刷工程に入ります。
印刷製本印刷物を製本し、カバー・帯をつけていきます。
印刷納品流通分を除き、所定の納品先へ納品されます。
配本取次店流通分は取次店に納入し、ご注文いただいた書店へ配本されます。
配本書店配本された書籍を棚に並べていただきます。

出版に要する期間

著者様での執筆活動の期間に加えて、前述の作業業期間は最短でも3か月程を見込まれることをご承知おきください。

なおページ数により更に日数がかかる場合がございます。

以上、出版期日を指定される場合の目安にしていただけたらと思います。